Orico無金利ローン

価格からさがす

円〜

格安simあります 法人お客様用窓口 商品ランクについて
 

2017/03/142017/03/14 auガラケーで2台持ちもお得に!中古機種で賢く機種変更する方法
auガラケーで2台持ちもお得に!中古機種で賢く機種変更する方法

スマホ全盛のこの時代、ガラケーからまたガラケーに機種変更しようと思ってショップに足を運んでみると、以前はあんなに様々な種類のガラケーが並んでいたはずなのに、今や機種も数台に減り、売り場の隅の方に追いやられ、肩身が狭そうに陳列されている場面に出くわすことがあります。ガラケーだからと言って料金が特に割り引かれている訳でもなく、「だったらスマホの方が・・・」と思って諦めてしまう方も多いのではないでしょうか?今回は、auのガラケーを賢く機種変更するための方法をご紹介します。
 
 

auのガラケーを持ち込みで機種変更が安くなる理由


実はauのガラケーの機種変更は、「持ち込み」であれば自分の好きな機種を店頭で購入するよりも安く機種変更することが可能なのです。
 
一般的に、機種変更をする際には「端末本体の価格」と「事務手数料」が必要になりますが、「端末本体の価格」が割り引かれていることが少ないショップでは、2万円や3万円など、想定外の高額になってしまうことがあります。
 
ですが、事前に白ロム(SIMカードのない中古端末)を手に入れておくことで「端末本体の価格」を必要最小限に抑えることができ、事務手数料と合わせても1万円以下で機種変更をすることも可能なのです。
安く機種変更を済ませるためには、事前に白ロムを手に入れてからショップに持ち込むのがベストです。
 
 

中古のauガラケー本体の購入から契約完了までの流れ

■まずは端末本体を購入

auの中古ガラケー(白ロム)の事前購入が必須になります。購入する際は、どこでもOKというわけではなく、信頼のおけるところから入手したほうが安全・安心です。詳しくは最後にご紹介します。
 

■auショップで持ち込み機種変更する流れ

(1)持ち物     
「本人確認書類」「印鑑」「利用中のスマホorガラケー端末(ICカード含む※俗にいうSIMカード)」「機種変更する新しいガラケー端末」の4つです。
*未成年者の場合、さらに「親権同意書・フィルタリングサービス不要届書(親権者が自署・捺印したもの)」「親権者のご本人様確認書類」が必要になります。
 

■auショップで持ち込み機種変更する際にかかる事務手数料

ガラケーに機種変更する際の事務手数料はこのようになります。
・機種変更前の機種が3G スマートフォン・ケータイの場合
└事務手数料2,160円
・機種変更前の機種が4G LTEスマートフォン(au VoLTE対応・非対応いずれも)の場合
└事務手数料3,240円
なお、この事務手数料はその場ではなく、最初の利用料金の支払い時に合算して請求されます。また、もし機種変更前のガラケーやスマホの機種代金がまだ払い終わっていない(残債がある)場合は、店員さんにその旨を伝えて、支払い方法や機種変更をするガラケーのプランなどをどうするか決めましょう。
 
 

新品未使用も多数!売れ筋機種ランキングと価格


いま人気がある、おすすめのauガラケーをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。
 

■人気No.1「GRATINA 4G KYF31」


2016年2月発売
中古価格帯:5,980円〜7,980円
(2017/03/14現在)
 

■人気No.2「GRATINA 2」


2015年2月発売
中古価格帯:2,480円〜13,480円
(2017/03/14現在)
 

■人気No.3「GRANTIA KYY06」


2013年9月発売
980円〜8,780円
(2017/03/14現在)
 

■人気No.4「iida PLY」


2009年9月発売
1,510円〜2,780円
  (2017/03/14現在)
 

auの中古ガラケー本体購入時のポイントと注意点

■機種変更する前の機種の残債がある場合

・ガラケーに機種変更をして、翌月に残債を一括支払いする
・ガラケーに機種変更をして、これまでと同様にその後も残債を分割で支払っていく
 
さてここで注意が必要なのが、ガラケーを持ち込みで機種変更すると、現時点で端末代に適用されていた「毎月割」がなくなるという点です。
それは、残債を翌月に一括で支払ったとしても、これまでと同じように分割で支払ったとしても同じで、「毎月割が適用されていない本来の金額」を支払わなければなりませんので、“思ったより高くて支払いが大変“など、注意が必要です。
 

■安心ケータイサポートは付けられない

機種が故障した時などに割安でサポートを受けることができる「安心ケータイサポート」は、店頭で機種を購入した時の限定オプションになりますので、持ち込み機種変更では付けることが出来ません。
 

■電池パックやバッテリーの予備を確保しておく

当然ながら、端末は古くなればなるほど電池パックやバッテリーは劣化して行きます。これまではショップで新品を購入することが出来ましたが、需要が減ってくれば生産終了になり、新たに手に入れることが出来なくなる可能性があります。
その端末を長く使うつもりであれば、端末の購入と同時に、電池パックやバッテリーの確保をしておくと安心です。
 

■赤ロムに注意

ネットショップやネットオークション、あるいはauショップ以外で購入した場合、赤ロムを摑まされることがあります。赤ロムとは、その端末を分割で購入した最初の所有者が、その支払いが完了する前に中古として流通させてしまったものです(残債がある状態)。
購入後、最初は問題なく使用出来ても、料金滞納によってある日突然通信制限がかけられ、一切の機能を失ってしまう、ということがあり得ます。
当然ですが赤ロムかどうかは見た目では分かりませんので、購入の際に「赤ロム保証」(または「白ロム保証」:赤ロム化した場合の交換や返金などの保証)があるかどうかという点を確認しておく必要があります。

auガラケーで2台持ちもお得に!中古機種で賢く機種変更する方法
 

購入するなら安心・安全の「ECOMO」がオススメ!


そこでオススメしたいのが、当店「ECOMO」です!
先ほどの「赤ロム保証」に関しては、ECOMOで購入した中古携帯電話に利用制限がかかってしまった(赤ロム化した)場合、同等程度の商品との交換か、返金対応をいたします。
お客様にとって、せっかく購入した端末が使えなくなるということほど大変なことはありませんので、この保障があれば安心してお使いいただけることと思います。
 
また、別途ECOMO独自の保証期間が購入日から1ヶ月間あります。その期間内に正常な使用状態で故障した場合は、同等または同等程度の商品と交換いたします。
 
中古端末を購入する際、安さなどももちろん際の決め手になりますが、特に中古を購入する場合は、当店のように保証がしっかりしているところで購入すると安心です。
 

 

ページトップへ

(c) neorea inc.