SIMフリースマホを中古で持つ前に知っておきたいこと



近年ますます注目が集まる格安スマートフォン。その台頭とともに耳にすることが増えた「SIMフリー」という言葉がありますが、どういったものなのかご存知でしょうか?

SIMフリーは上手に活用することで月々のスマホ料金を大幅に節約することができますが、ただSIMフリーにすれば安くなるといった単純なものでもありません。

正しく節約するためには、正しい知識を持って有効に活用しなければなりません。

SIMフリーとは

SIMフリーとは、docomoやauなどのキャリアの制限や影響を受けずにスマートフォンやタブレットなどを利用できることを指します。

SIMフリーの端末を利用することによって、キャリアが販売している端末のSIMはもちろん、MVNO(仮想移動体通信事業者、キャリアの回線を借りてサービス提供する)の格安SIMも利用することができます。

 
そもそもdocomoやauといったキャリアは、契約してくれた顧客を手放さないように端末のSIMにロックをかけています。そのため、キャリアで購入した端末に付属しているSIMは、他のキャリアの端末に差し替えてもスマホとして機能せず、利用することができません。つまり、docomo端末のSIMをau端末に挿しても使うことができません。
 
このようにキャリアの制限があるものを「SIMロック(が掛かっている)」、制限がないものを「SIMフリー」といいます。
 

なぜSIMフリースマホが話題に?メリットとデメリットについて探る

SIMフリー端末はバリエーションが豊富な為、ハイスペック機から低スペック機まで自由に選ぶことが可能です。

ハイスペック機を選べばもちろん高いのですが、低スペック機を選べば、3万円台から新品を購入することが可能であり、中古であれば状態のいいものでも1万円台から購入することが可能です。キャリアで購入した場合と違い、端末代を可能な限り安く抑えたいと考えている方には特におすすめです。

さらに月額費用も抑えたいという方にはSIMフリースマホ+MVNOとの組み合わせがおすすめです。

MineoやUQMobileなどテレビCMなどでも目にすることが多くなっているのでご存知の方も多い方も思います。

そこで、ここではSIMフリースマホと一緒に契約することが多い、MVNOを利用するメリット・デメリットをまとめてみました。

 

 

■メリット

・月額利用料がキャリアに比べて圧倒的に安い
・キャリアで契約するときに発生するいわゆる“2年縛り”の制限がないことが多い
・家族や友人などから譲ってもらった端末を利用することができる


docomoやauなどのキャリアで契約した場合と比較して大きく変わるのは、やはり月額利用料の安さと、2年縛りの制限がないことです。

また、家族や友人が使わなくなった端末や、中古で購入した端末を即座に使用することができるのも、MVNOの大きな魅力のひとつと言えます。
 

■デメリット

・大手キャリアのようなユーザーサポートがない
・混線時の通信速度が遅い
・多くの場合自分で端末の設定をしなければならず、知識が必要


前述したようなメリットが得られる反面、このようなデメリットもあります。

MVNO各社は、docomoやauなどのキャリアから通信回線を借りてサービス提供しています。そのため、回線は当然のことながらキャリアの契約者に優先的に割り振られ、たとえば学校や仕事のお昼休憩や夕方などの時間帯には回線が混雑し、通信速度が低下することもあるため、不便を感じることもあります。
 
メリット・デメリットについてそれぞれを挙げました。SIMフリースマホの利用を検討する際は、これらを頭に入れておくとスムーズに進められるでしょう。
 

間違えやすい「SIMフリー端末」「白ロム・赤ロム」について


■白ロムとは

スマホやタブレットといった端末に電話番号が入ったSIMカードを差し込むと、その電話番号が端末内部のROMに書き込まれ、電話番号を持った端末となります。

白ロムとは、SIMカードの情報が入っていない=「真っ白」な状態のROM(ロム)のことを指します。

なお基本的に全ての白ロムは、もともとは誰かがキャリアで新品購入(契約)をして使用していた中古品になるので、中古品を使うのに抵抗がある人には白ロムは向いていません。
 

■SIMフリーとの違い

SIMフリーの端末は、使用できるSIMカードが最初から限定されていない端末のことです。

多くのスマホやタブレットといった端末は、契約したキャリアのSIMカードしか認識できないようにSIMロックが掛かっていますが、SIMフリー端末にはこのような縛りがありません。

白ロムは前述の通り、元々誰かが使用していた端末からSIMカードを抜き取ったものです。SIMカードがないだけで、通常のキャリア契約の端末であることには変わりありませんので、前述しましたがdocomo契約の端末にauのSIMを挿して使うことはできません。

ですので、白ロムを購入する際は、どこのキャリアの端末なのかを確認してから購入する必要があります。
 

■赤ロム

赤ロムとは、前使用者が通話料などの支払いを滞納している白ロム端末のことを指します。

残債のない白ロムだと思って購入した端末が赤ロムだった場合、通信制限が掛けられて利用することができません。あるいは、中古ショップなどでの購入時点では白ロムだったのに、その後に前使用者が料金を滞納して赤ロム化し、利用できなくなるというパターンもあります。

心配な場合は、赤ロム保証(白ロムから赤ロム化した場合の返金保証など)がある中古ショップの利用が最善です。

 

おすすめのSIMフリースマホは?参考価格は?


SIMフリースマホを利用したいユーザーにとって、端末の価格は購入の大きなポイントです。

新品でも中古品でも、安全に安く購入したい!という人におすすめなのは、Android端末の「freetel(フリーテル)」です。
 
TVCMも多く流れているのでご存知の方も多いかと思いますが、freetel はSIMフリースマホのメーカーでありながらMVNOでもあるため、安心安全に買いたい人に人気急上昇中です。なおfreetelは会社名ではなくブランド名で、日本生まれの携帯会社です。
 
Freetelのスマホ端末は、高性能ながらも1万円程度で入手でき、失敗した時のリスクも低いので、SIMフリー初心者にはおすすめです。


ポイント①どこで購入するか


SIMフリースマホを使いたいと思っても、どこで購入できるかが分からなかったり、どこで購入するのが良いのか分からない、といった悩みが出てくるのではないでしょうか。
そこで、購入先などについて解説します。ぜひ参考にしてみてください。

■ネットショップ

Amazonなどのネットショップでも、SIMフリースマホは販売されています。
すでにある程度購入したい端末の目星がついている場合などにおすすめです。

■家電量販店

家電量販店のポイント付与などのサービスがあるため、よく利用する家電量販店がある場合や、ネットで購入するのが不安な場合などにおすすめです。

■独自店舗

MVNOが独自に営業している店舗で、キャリアと同じ感覚で利用することができます。
不具合や分からないことがあった時、また購入後のサポートが気になる人におすすめです。
独自店舗を構えるMVNOには、下記の各社があります。

・Y!mobile
・楽天モバイル
・OCN モバイル ONE
・U-mobile
・BIGLOBE SIM
・もしもシークス
・TONE
・b-mobile
・スマモバ


上記のほかの購入先としては、ネットのオークションサイトやフリマサイトなどでも出品されていることがあります。
新品もありますが多くは中古であることや、またショップの出店もありますがほとんどが個人売買になりますので、初めて購入する人にはあまり向いていないと言えます。
 

ポイント②購入時の留意点

どちらからの購入であっても、購入する際には下記のような点に留意しておきましょう。
 

■国内のLTEに対応していない海外SIMフリー端末

海外のSIMフリー端末は、国内の周波数に対応していない場合があります。
キャリアで販売実績のある端末を選ぶ方が無難です。
 

■ネットオークションなどで販売されている中古端末

個人売買されている端末には多くが何も保証がありませんので、万が一、赤ロムや盗難品であった場合でも返金や返品ができない可能性があります。
 

■バッテリー劣化の恐れのある中古端末

販売から時間が経っている端末は、たとえ使用していなくてもバッテリーは経年劣化しますので、使用していた端末ならなおさらバッテリーが劣化して電池の持ちが悪くなっている可能性があります。

販売元にバッテリーが交換できるかなどの確認や、または今後バッテリー交換費用が発生すると想定しておく必要があります。

そのほか、端末購入の際はクレジットカード払いとなることがほとんどですので、その点も留意しておく必要があります。

SIMフリーを利用する際には、これらのことを知っておくと購入や利用がスムーズです。ぜひ参考にしてみてください。
 

あわせて読みたい!関連のある記事があります。

■営業日年中無休(土曜日は発送業務をお休みしております)

■営業時間10:00-16:00
※新型コロナウィルス感染症対策により、少人数体制で発送しております。
スタッフ一同誠心誠意を込めて発送業務に取り組んでおりますので、ご理解の程、よろしくお願い致します
また、お問い合わせはメールで対応させていただきます。

■運営会社株式会社クリエージェンシー
Email:order@eco-mo.net

■お知らせ商品発送および問い合わせ等については翌2営業日以内に対応いたします。

お問い合わせ等に対して弊社よりご連絡がない場合、また、万が一、ご注文後に商品が届かない場合はこちらからご連絡ください。